おんせん
キャンパスって?

TOP >  おんせんキャンパスって?

「おんせんキャンパス」とは、島根県雲南市にある雲南市とNPOカタリバが連携し運営する教育支援センターです。
地域の課題を“生きた教材”としながら、子どもたちの学びと行動をサポートするキャリア教育を提供しています。
そして、子どもたちは多くの人との出会いを通じて
新しいジブン、将来への新たな可能性を見つけていきます。

キャンパス紹介

旧校舎を活用した
教育支援センター

おんせんキャンパスは、かつて小学校(旧温泉小学校)だった校舎を活用し、
雲南市のキャリア教育推進事業の一環として2015年6月にスタートした教育支援センターです。
おんせんキャンパスでは、市内外から多様な世代の人材が集まり、
地域の方々にもご協力いただきながら子どもたちの学びの場づくりを行っています。

取り組む課題

20年後の未来を創る子どもたちのために
「課題先進地」から「課題解決先進地」を目指して

雲南市は、少子高齢化など全国の中山間地域が将来に直面する課題に、果敢に取り組む“課題解決先進地域”です。1985年に約51,000人であった人口は、30年後の2015年には約39,000人と2割以上減少。地域の未来を担う若者の多くは、進学や就職をきっかけに多くが市外へ出てしまい、過疎化が進行しています。そこで10年後、20年後に地域をリードしていく人材を子ども達から育てることを目指して、設立したのが「おんせんキャンパス」です。

20年後の未来を創る子どもたちのために「課題先進地」から「課題解決先進地」を目指して

目指すビジョン

  “生きた教材”  から新たな出会いと挑戦の機会を
そこから未来を創る
“生きた教材”から新たな出会いと挑戦の機会をそこから未来を創る

おんせんキャンパスが目指すのは、子ども達と社会を結びつけ、地域課題を「自分ごと」として考える機会を届けること。県内外の大学生の話を聞いて進路を考えたり、地域で働く大人たちの仕事に関わったり、中高生を対象にさまざまなワークショップや体験型授業を行っています。目の当たりにする課題は、子ども達にとって“生きた教材”であり、課題の多い地域は最高の学びのフィールドです。そんな考え方のもと、子ども達が自身の興味や進路と、地域社会とを重ね合わせて学ぶ機会をつくっています。

2つの活動

雲南の教育魅力化(キャリア教育)

地域の魅力・課題を探究する

2017年度から市内高校へ教育魅力化コーディネーターを配置し、県立高校・教育委員会・カタリバの3者が協働しながら、生徒にとってより魅力的な教育を届けていきます。また、社会教育の領域でも中高生が地域の課題を「自分ごと化」する機会や、そこで芽生えた問題意識や想いを、今度は行動へと移す場をつくります。こうした事業を通じて、生徒の主体性・協働性・探究性を身につけることを目指しています。

「やってみたい気持ちを応援してくれる人、手を貸してくれる人がいる」

福間 はるかさん 高校3年生

福間 はるかさん
高校3年生

自分の思い描いていた高校生活から離れている自分にモヤモヤしていた時に出会ったのがおんせんキャンパス。そこでわかったことは、やってみたい気持ちを応援してくれる人、手を貸してくれる人がたくさんいるということ。体験することで将来の選択肢が増えていくということでした。難しく考えていても何も変わらない。それよりも実際に動いてみる方が簡単でずっと楽しい。必要なのは、最初の一歩を踏み出すほんの少しの勇気だけ。そんな勇気を、今度は自分が地域の人や周りの人に与えられる存在になることを目指していきたいと思います。

不登校支援

不登校の小中学生へ自信と安心を

もう1つの軸として取りくんでいるのが、不登校の小中学生の支援です。一人ひとりの習熟度に合わせた学習支援とともに、農作業や地域行事などにも参加。子ども達が学校へ自発的に戻れることを目指して、サポートしています。プロジェクト型学習とも共通するのが、学校以外の場で子ども達が“社会”と触れ合う機会をつくること。先生でも友達でもない、さまざまな大人たちとの出会いや対話によって、彼らが自ら学び行動する意欲を抱くようになることを大切に、指導しています。

求める人材

学校・家庭・地域(NPO等)・行政による連携した教育

これらの活動のなかで大事にしているのが、地域全体で子ども達の教育を支えていくことです。雲南市では、行政だけに公的サービスを頼るのではなく、市民一人ひとりがまちづくりに参加することが大事にされ、「課題解決型の住民自治」や「社会起業の促進」などの動きが実際に生まれています。(参考:雲南市のチャレンジ)おんせんキャンパスも、学校の授業や行政の取り組みと緊密に連携。地域の方々も教育活動に関わりながら、地域みんなで子ども達の成長を見守っていきます。

学校・家庭・地域(NPO等)・行政による連携した教育