おんせんブログ

TOP >  おんせんブログ >  【活動紹介】秋の遠足!

【活動紹介】秋の遠足!

2017.11.2
written by岡島春恵

 

10月27日、体験活動としてサンレイクと宍道湖自然館ゴビウス

へ遠足へ行ってきました!

 

天気にも恵まれて、気持ちのいい秋晴れの日。

参加者は生徒6名、スタッフ3名というメンバーでした。

 

朝は9:00に木次駅集合。まずはサンレイクへ向かいます。

 

サンレイクでは午前中いっぱいを使ってオリエンテーリングを行いました。

オリエンテーリングでは男子グループと女子グループに分かれて、

クイズが書かれた13のチェックポイントを回っていきました。

 

このチェックポイントのクイズのなかには難問もあり、

子どもたちは自分たちの力だけでは解くことができずに頭を抱える場面も…。

しかし、ここで子どもたちの「挑戦する姿」を見ることができました。

 

なんと!「自分たちで問題が解けないのであれば、人に尋ねてみればいい!」

ということで、地域の方々に自分たちから声を掛け、

クイズを一緒に考えることを協力してもらったのです。

そのおかげで無事すべてのチェックポイントを回ることができました。

 

また、最初は道行く人たちへのあいさつも小さな声で緊張している様子でしたが、

“人に協力していただきながらクイズを解く”という挑戦をしたことで

オリエンテーリングの終盤では道行く人たちへ

元気よく「こんにちは!」とあいさつができるようになっていました。

 

IMG_1029

 

 

午後はお昼ご飯を食べた後にゴビウスへ。

 

ゴビウスでは宍道湖にいる魚たちをじっくり観察。

山の生き物は見る機会が多い雲南市の子どもたちですが、

水辺の生き物、特に湖や海の生き物を見る機会はなかなかありません。

子どもたちは中でもタツノオトシゴのように形の面白い魚や

マツダイのように大きな魚に興味津々な様子でした。

 

また、ゴビウス裏方探検ツアーにも参加し、

水槽のしくみや魚たちのエサについてなどを見学させていただきました。

子どもたちはそこでも普段見ることができない水族館の舞台裏を見ることができ、

とても楽しそうにしていました。

 

ゴビウス写真

 

こうして、水族館を二倍楽しんだ後、

木次駅までみんなで帰り、子どもたちは帰宅。

 

 

後日、参加した子どもたちに感想を尋ねてみると

「オリエンテーリングで地図を見て回ったが、迷ったので地図の見方を勉強したい。」

といった声が!

遠足で新たな挑戦をしただけではなく、

新たな挑戦のタネを見つけることができてよかったです。

ぜひ次の体験活動でも新たな挑戦のタネを見つけていきましょう!

 

この記事を書いた人

岡島春恵

岡島春恵Harue Okajima

カタリバスタッフ

雲南歴2年目。雲南のおすすめスポットは龍頭が滝!休日は地域の活動に参加したり、雲南で上演される演劇を観に行ったりしています。おんせんキャンパスでの活動記録、皆さんにしっかりお届けします!

【スタッフ紹介】井上洋輔~子どもたちが挑戦する場をつくりたい~

2017.10.24

#スタッフ紹介

おんせんブログTOPへ

【活動紹介】中高生の!幸雲南塾2017前期活動報告!

2017.11.19

#活動日誌