おんせんブログ

TOP >  おんせんブログ >  【活動報告】学校と地域を繋ぐ~トークフォークダンス開催@島根県立三刀屋高校~

【活動報告】学校と地域を繋ぐ~トークフォークダンス開催@島根県立三刀屋高校~

2018.1.30
written by岡島春恵

1月23日(火)、

三刀屋高校で1年生を対象にトークフォークダンスが開催されました!

 

トークフォークダンスとは、

大人と高校生が1対1になって1つのお題についてお互いに語り合うワーク。

フォークダンスのようにペアを変えていきながら、自分の想いや考えを伝えていきます。

 

今回のトークフォークダンスの全体テーマは「自分のキーワード」。

 

生徒たちは2年生から行う

「地域課題研究」(自分自身でテーマを設定して研究していく授業)のために、

自分自身の興味関心や研究してみたいテーマに関するキーワードについて

地域の大人の方と話しをしていきました。

 

TFD全体写真

 

 

生徒のキーワードは

「東京オリンピック」、「訪問看護」、「観光」、「結婚式」、「地産地消」…、と

ニュースで関心がある内容から将来付きたい仕事に関わるものまで様々。

 

「なぜ、そのキーワードに興味があるのか」

「どんなことを2年生から研究してみたいのか」

生徒一人ひとりが自分の言葉で大人の方に語ります。

 

大人の方々も高校生の想いに真剣に耳を傾けて聞いてくださり、

生徒たちはとてもリラックスした状態で話ができていました。

 

TFD験馬先生、松田さん - コピー

TFD吉田 - コピー

TFD須山さん - コピー

TFDもりまほ - コピー

 

 

以下、生徒からの感想です。

 

「自分のことについて話す機会がないので最初は緊張したけど、自分の想いや考えを伝えられて自分もことも改めて知ることができてよかったです。」

「地域の方が質問してくださったおかげで、バラバラだったキーワードが実は繋がっていたことに気が付くことができた。もっとしっかり考えて研究したいことを決めていきたい。」

「色々な職業の方、I・Uターンの方からお話を聞かせてもらって、沢山の考え方や意見があることを知れて良かったです。応援の言葉ももらえて嬉しかったです。」

 

 

そして、このトークフォークダンス開催にあたり、

三刀屋高校OBの大学生・地域の大人の方約60名の方にご協力していただきました。

 

地域の方々からも

「自分の興味関心についてはきはきと話ができていてコミュニケーション力の高さに驚いた。」

「大人と本音で話をし合うこの機会は高校生にとっても貴重だと思います。私自身の考え方を整理する機会にもなりました。」

「雲南市の未来は明るい!ぜひまた関わらせてください!!」

ととてもポジティブなご感想をいただくことができました。

 

高校生のためにと手をあげていただいた地域の皆さま、

本当にありがとうございました!

 

今後も雲南市の高校生と一緒に授業をしてもらえると嬉しいです!

 

この記事を書いた人

岡島春恵

岡島春恵Harue Okajima

カタリバスタッフ

雲南歴2年目。雲南のおすすめスポットは龍頭が滝!休日は地域の活動に参加したり、雲南で上演される演劇を観に行ったりしています。おんせんキャンパスでの活動記録、皆さんにしっかりお届けします!

【活動報告】クリスマス会

2017.12.27

#活動日誌

おんせんブログTOPへ

【活動報告】四天王に挑戦!卓球大会!!

2018.2.1

#活動日誌