おんせんブログ

TOP >  おんせんブログ >  【スタッフ紹介】おんせんキャンパス 小林美絵 

【スタッフ紹介】おんせんキャンパス 小林美絵 

2018.5.30
written by石飛紫明

私のことは嫌いでも勉強を嫌いにならないで!笑
学習支援スタッフ 小林美絵

おんせんキャンパス3年目になりました。みなさんからは「美絵さん」と呼ばれています。
前職は雲南市内中学校の支援員と別室対応講師です。学校には来ているけれども教室には入りにくい子どもたちと一緒に、別室で学習やいろいろなことをして過ごしていました。

おんせんでは初めてのことも多いですが、子どもたちはとても素直で頑張り屋さんなので毎日とても楽しく働かせてもらっています。また自然豊かで穏やかな温泉地区は、いろいろな体験ができる素晴らしい環境ですね。

―美絵さんはいつもニコニコしているなぁと感じますが、意識していますか?
「いつもニコニコ」にはきっかけがあります。
学校に毎日来ることが難しかった子に「いつ会っても同じように接してくれて嬉しかった」と言ってもらったことがありました。
久しぶりに会うとなんて声をかけたらいいか迷ったり、逆に嬉しくて元気?どうしてた?とかついついいろいろ聞きたくなっちゃいますよね(笑)
でもいつ会っても変わらず迎えてくれることが良いと思う子どももいるんだと知りました。

ニコニコしてるのは・・・やっぱりその方がいいよなと(笑)
もちろん難しい時もありますが、その理由はたいてい自分の事情ですから、子どもの前では笑顔でいたいと思っています。

―この2年間で良かったことは?
心身ともに健康的に過ごすことが出来たこと。ありがたいです。今年もそうでありたいです。

―現在の担当業務は?
学習支援を担当しています。
国語の教員免許を持っていますが、おんせんではいろいろな教科を教える機会があるので自分自身もとても勉強になっています。
おんせんキャンパスに来る子どもたちは、「勉強はしないといけないものだ」と思っている子がほとんどなのでとても偉いと思います。他の方の授業の良いところや使いやすい道具を取り入れたりすることで気持ちを楽に、楽しく授業に取り組める工夫を考えています。

―子どもたちへ
「私のことは嫌いでも勉強を嫌いにならないで!」という感じでしょうか(笑)
大人は君たちを苦しめたくて勉強をやらせているわけじゃないんだよ。勉強(知識)は生きるための道具のひとつでもあるし、大人になるための栄養のひとつでもあるんだよ、と伝えたいです。でもそれはそれとして、元気に生きていてくれればそれでいいなとも思います(笑)

―保護者さんへ
おんせんキャンパスでの日々の中で、保護者さんからお子さんへの愛はいつでもあふれんばかりに伝わってきます。

それに対して、ご本人たちはお互いに不安に感じていらっしゃることも多いですよね。

どうか安心していただきたいですし、私からも「愛してらっしゃいますね!」「愛されてるね!」とどんどん伝えていきたいです。

この記事を書いた人

石飛紫明

【活動日誌】おんせんキャンパス お米づくり2018!

2018.5.30

#活動日誌

おんせんブログTOPへ

どなたでも参加可能 無料! 子どものこころに寄り添う講座!

2018.6.10

#お知らせ