おんせんブログ

TOP >  おんせんブログ >  【スタッフ紹介】おんせんキャンパス 古田千絵 

【スタッフ紹介】おんせんキャンパス 古田千絵 

2019.5.4
written by石飛紫明

~そのままのあなたで大丈夫。もっと自分を好きになって!!~

島根県雲南市で生まれ、高校まで育った、地元っ子です。大学で県外(愛知県)に出ましたが、「働くのは島根」と思いUターンしました。

現在は結婚し、夫の実家で2人の子どもと一緒に4世代同居中です。
2人の子育てに奮闘中ですが、おじいちゃん、おばあちゃんがそっとフォローしてくれるのでとても助かっています。
わが子は4歳と1歳の男の子です(お腹に3人目がいます)。
我が家では寝る前に家族でハグをして、一日の感想を言い合ってから寝ることにしています。子どもたちは「ママ大好きだよ」とか言ってくれるので、私が癒されて寝ています(笑)

~おんせんキャンパスへ~
前職は小学校や特別支援の学校で教員として働いていました。
小学校で担任をしていたとき、学校に来づらい子どもへの対応は不十分なこともありました。他の先生がクラスの子どもたちを見てくれている間に、通学路に立ちすくんでいる子どもを迎えに行ったこともありました。子どもの支援は担任一人ではなかなか難しいと感じていました。
そんな中、おんせんキャンパスが雲南市で学校に行きづらい子どもたちの支援をしていることを知りました。小学校の勤務で感じていた先生の大変さを知る自分が、ここでなら誰かの手助けができるのではないか、学校と手を組んで子どもたちの支援をすることができるのではないかと思い、入職することを決めました。

実際に働いて感じたことは、おんせんキャンパスの子どもたちは、とても明るく素直で元気だということです。のびのびと学習や活動をしていて安心しています。
私は学習担当として子どもたちと日々接していますが、それ以外にもキャンパス内の普段あまり使われていない部屋を楽しいスペースにできないかなと考えています。

工作が得意なので、掲示物をつくったり、部屋の備品の配置などを変えて、居心地の良いスペースを、できれば子どもたちと一緒に作りたいと思っています。

また、産後はスポーツや体験活動にも参加しアクティブに動きたいと思っています。子どもたちと山菜を採ってきて料理して食べるとか(笑)をしてみたいです(笑)

~今までもこれからも 大切にしたいこと~
どんなことでも相手が言ったことを一度しっかり受け止める。
そして子どもたちに「そのままの自分をもっと好きになること」を伝えていきたいと思っています。

~一年後の自分~
心身共に今よりも動けるようになっていて、子どもたちと元気に色々な活動をしていたいと思います。また学校に出向き、先生方とのつながりに貢献できていると嬉しいなぁと思っています。

~子どもたち・保護者さんへ~
嬉しかったこと、楽しかったこと、辛かったこと、どんな些細なことでも、話してほしいです。自分自身小さなことが気になる方で、こんなこと聞いてもいいのかな、と思うことがありますが、どんなことでも話してみるとスッキリします。
ぜひぜひ気軽に話しかけてくださいね!どうぞよろしくお願い致します!!

この記事を書いた人

石飛紫明

【スタッフ紹介】おんせんキャンパス 大野友美

2018.12.12

#スタッフ紹介

おんせんブログTOPへ

【スタッフ紹介】おんせんキャンパス 大谷弘志

2019.6.19

#スタッフ紹介