おんせんブログ

TOP >  おんせんブログ >  おんせんキャンパスメルマガVol.9「ストレス発散!」

おんせんキャンパスメルマガVol.9「ストレス発散!」

2020.3.24
written by石飛紫明

今月も保護者やご家族の皆さんにとって、お役に立ちそうなプチ情報や保護者会での話題などお届けします。
今回の内容
①プチ情報:ストレス発散 西留
②スタッフコラム:野々村

でお送りします。

誰もが経験したことのない世界的感染症の流行。その影響を受けての全国一斉の休校措置。先行きの見えない不安は大人にも子どもにも広がっているのではないでしょうか。
そんな中でも親子でできることを、お伝えしていけたらと思います!

プチ情報
こんにちは。西留(にしどめ)です。今月のプチ情報をお届けします。

新型コロナウイルス(covid19)の感染拡大を受けて、学校がおやすみになり、2週間が経ちました。「この子は明日朝起きるのか?」「仕事の間何をして過ごすのだろう?」「ネットやゲームを使い過ぎないだろうか?」「おじいさん、おばあさんにお願いしなきゃ」「ご飯用意しておかなきゃ….」などなど、ご心配、ご苦労の絶えない日々だったことと思います。

 今まで当たり前だったことが、突然変わることは誰にとってもストレスの大きいことです。 

そんな状況だとこころや身体にいろんな反応が出ます。これはごく自然なことです。
病気ではないことが多いので、

「時間の経過」と「安心感」によって、反応は徐々に軽減されていきます。

いつもと違う様子があっても慌てずに、何か不安やストレスがあるのかもしれないと考えてあげるといいと思います。

◆代表的なストレス反応

代表的な反応には以下のようなものがあります。特に身体の反応はわかりやすいので、気にかけてみてください。

 

ストレス反応への対処法

 気になる様子があった時には、お子さんの話を聴いたり、一緒に体を動かしたり、安心できる状況で発散させてあげるといいですね。寂しかったね、悲しかったね、楽しかったねなど気持ちを言葉にしてあげるような関わりも有効です。

「安心感」がキーワード

「〇〇しちゃダメ」「〇〇しなさい」という否定的な声かけでなく、「〇〇しよう」などできるだけ肯定的な声がけを心がけるようにすると、衝突を避けられ、さらにストレスがたまってしまうことを防げます。

例)
手を洗わないとコロナにかかるよ、手を洗いなさい → 手を洗って健康でいよう!
ゲームばっかりしちゃダメ → 〇〇を手伝って! 〇〇を一緒にしよう!
早く寝なさい! 早く起きなさい!→ 生活リズムを整えよう! 

 ◆家族できるリラクゼーションの紹介

 ストレスがたまっていると、身体のどこかに余計な力が溜まります。
身体がこわばると、心も硬くなっていきます。そんな時に身体をほぐすことで、心をほぐしていく動作法という心理療法のワークです。

ゴーレムとクラゲ (漸進的筋弛緩法)

 

 【やり方】
1.手→腕→肩→お腹→おしり→足→顔の順番でぎゅっと力を入れていく
2.5秒間コチコチをキープ(ゴーレム)
3.一気に全身の力を抜く (クラゲ)
4.力を抜いたときの身体の感じを味わう

血液が流れる感じや肩や首の温かさを感じてください
1〜4を繰り返す

 お子さんと一緒にやってみたり、肩が凝った、身体が痛い時に保護者さんだけでも出来ます。眠れない時に布団のなかでやってみるのもオススメです。

◆ケアする側のストレス

非日常状態のストレスは子どもだけでなく、大人の私たち支える側にもストレスがかかります

・いつもより仕事に集中できない、意欲ややる気が出ない
・いつもより頑張り過ぎてしまう、ちゃんとしなきゃと思いすぎる、いらいらする
・お酒の量が増えてしまった などありませんか?

1日5分でも自分の心や身体の状態を振り返るようにしましょう。
楽しいことやホッとする自分の時間をとることや、愚痴を聞いてもらうことをしてみてください。

おんせんキャンパスでもお話を聞くことができます。みんなで支え合いながら、大変な状況を乗り越えていきましょう!

スタッフコラム

【プロフィール】
▼名前
野々村 謙輝(ののむら けんき) 1月2日生まれ
▼所属
静岡大学理学部 4年
▼出身
雲南市大東町
▼趣味
・スポーツ観戦
 イングランドのアーセナルというサッカーチームが好きで、毎週末の楽しみしています!
・ラーメン屋巡り
 松江城近くの麺屋ひばりという店が好きです!
・自転車(サイクリング部に所属していました)
 部活の仲間と北海道縦断をしました!

▼好きな食べ物
・ラーメン・鶏の唐揚げ・ボンゴレビアンコ
▼マイブーム
・料理YouTuberの動画を見ながらパスタやラーメンの作り方をイメトレすることです。(あまり料理はしませんが…)

【子どもとの関わりで学んだこと】
私は主に学習で子どもたちと関わることが多いです。学習の中で一番学んだことは、自信をもつことの大切さです。
子どもが、学習中に「やったー!」と笑顔を見せる場面がありました。おんせんでのミニテストや単元テストで満点を取り、自信をもったようでした。自信をもった子どもは、今まで以上に熱心に学習に取り組むようになり、私も子どもたちの変化に嬉しさを覚えました。同時に自信をもつことの大切さを感じた瞬間でした。

 オンラインでの学習やiPadを使った教材が増え、子どもたちの学習方法の選択肢が広がっていく中で、子どもたちそれぞれにあった学習方法を考えていきたいです。そして、子どもたち1人ひとりが自信をもつことのできる工夫、集中して学習できる環境作りを引き続きしていきたいと思います。

この記事を書いた人

石飛紫明

おんせんキャンパスメルマガ Vol.9「今の自分がいるのは母のおかげ」

2020.2.25

#スタッフ紹介#メルマガ

おんせんブログTOPへ