大阪の温泉の特集や旅館紹介、温泉のまめ知識などをアップしています!

生理の時どうしよう…女性ならではの温泉でのトラブル対策

せっかく温泉旅行に来たのに生理とかぶってしまった…そんな時どうすればいいでしょうか?

生理になってしまったけど温泉には入れる?

結論は基本的にNGでしょう。
理由は3つあります。

嫌がる人がいるから

タンポンや月経カップを装着すれば大丈夫なのではと思う方もいらっしゃると思います。

普段からナプキン以外の生理用品を使用している方は慣れていると思いますが、あまりなじみのない方がタンポンや月経カップを使用すると正しく装着できていないことがあります。

そうなると経血が漏れてしまう可能性も考えられます。
またタンポンの紐が他の人に見えてしまう可能性もあります。

そうなったとき脱衣所を汚してしまったり、お湯に経血が混じってしまったりすると衛生面や旅館の人、周囲の人に迷惑をかけてしまうことになってしまうので部屋についているお風呂に入るのがいいかもしれませんね。

身体への影響

生理中は体の免疫力が低下しています。

衛生管理は徹底している温泉でも不特定多数の人が入浴しているので何かしらの雑菌がないとも言い切れないですよね。
なかには免疫力が低下している時に温泉に入ってしまい感染症にかかってしまうこともあるそうです。

生理中の温泉は避けた方が無難といえるでしょう。

体調の変化が出やすい

生理で貧血・めまい・頭痛などが起こりやすくなっています。

温度が高い温泉に長時間浸かるとめまいなどがより起こりやすくなるのでやめておきましょう。

楽しい旅を体調不良で台無しにするのはもったいないです!

貸切風呂なら入浴してもいいか

これも結論、生理中は入らない方がいいです。

この理由も①の理由と同様で経血がお湯に混じってしまうことも十分に考えられます。
後から入浴する方の気分を害したり、経血が混じったお湯につかるのは誰にしろ嫌ですよね。

なので貸切風呂でも入らない方が無難だと思います。

まとめ

せっかくの楽しい温泉旅行で生理とかぶってしまって残念ですが、上記の理由により周囲の方の気分を害すことや自身への身体の影響も考えお部屋の備え付けお風呂に入りましょう。
全身浴はだめでも足湯などがある温泉宿なら温泉の気分を味わえるので工夫してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。