大阪の温泉の特集や旅館紹介、温泉のまめ知識などをアップしています!

温泉に置いてある浴衣ってどっちが前?正しい浴衣の着方

花火をする犬

浴衣の着方がわからず、間違った着方をしていませんか?
間違った着方をすると亡くなった人が着る着方になり、恥をかいてしまうことも。
今回は正しい浴衣の着方を紹介したいと思います。

浴衣の着方

  1. 背筋を伸ばし左右均等になるように羽織ります。
  2. 右側の衿を先に左腰に合わせます。この時若干上の方に上げてなるべく奥にいれるのがポイントです。
  3. 左側の衿を今度は右腰に合わせます。
  4. 帯を締めて完成です。
  5. 相手から見て、衿元の形が「y」になっていればOKです!

「右手が衿に入るように着る」のがポイントです。

衿の合わせ方が緩いと着崩れの原因になり衿元がはだけやすくなるので注意してください。

肌襦袢がないので浴衣の中にインナーを男女問わず着ておくと安心ですね。

まとめ

頻繁に着る機会がないので久しぶりに着るとどっちが前だったか忘れちゃいますよね。
そんな時は相手からみて「y」の形を意識してください!

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。